中野区南中野地域包括支援センター
トップページ > 中野区南中野地域包括支援センター > 中野区南中野地域包括支援センター > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/08/15 15:01

認知症治療最前線

世界中で3秒に1人の割合で認知症が発症している。国内では厚生労働省によると、2012年時点では462万人。

軽度認知障がい(MCI)と呼ばれる認知症予備軍が400万人と推計されている。2025年には認知症高齢者が700万人を

越える推計があり、対策が急務である。MCI段階で適切な治療を行えば、半数は認知症に移行しないというデータ報告もある。

かつて認知症は不治の病とされていたが、早い段階で認知機能の低下を止めれば効果は大きい。日本認知症予防学会では、

発症を防ぐ1次予防、早期に発見して治療に結び付ける2次予防、発症後に進行を緩める3次予防。3段階でのアプローチ

に取り組んでいる。

ページの一番上に戻る