中野区南中野地域包括支援センター
トップページ > 中野区南中野地域包括支援センター > 中野区南中野地域包括支援センター > 最新情報

最新情報

ニュース 2017/09/02 14:13

国立がん研究センターなどのチームが開発

1滴の血液から13種類のがんの有無を同時に検査できる診断法を開発。

ごく初期のがんも見つけられるのが特徴。費用は2万円になる。

13種類のがんに特徴的なマイクロRNAがあることを判明。

分泌量の変化を調べることで、どのがんも95%程度の確立で発見できた。

人工知能(AI)を分泌量の分析に利用すれば、検査の精度を更に高められる可能性がある。

ページの一番上に戻る