中野区南中野地域包括支援センター
トップページ > 中野区南中野地域包括支援センター > 中野区南中野地域包括支援センター > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/05/17 14:49

思春期と思秋期

こどもから大人になるのを思春期。成人が老人になる時期を思秋期と精神科医が定義しております。

多くの人が思春期に「どんな大人になろうか」「何が好きであるか」などを考える自分のアイデンティティを確立したと想います。

思秋期には「性ホルモンの変化」「前頭葉の老化」への対処が重要です。

思秋期には、脳の前頭葉も萎縮が始まり、神経伝達物質セロトニンの減少。意欲の衰え共に感情老化の兆候があります。

「怒り出したら止まらない」「いつまでも泣いている」など。感情のコントロールが効かない状態。

老いを受け入れる時期は、もっと老いと闘う時期が必要に思われます。

欧米では塗り薬や注射によるホルモン補充療法が普及しています。

前頭葉が老化する前に老後(将来)の事をしっかり考える事。

「生涯現役」と言える生き方を決める事が、「どう終わるか」よりも「どう活きるか」が大切。

何とかなるだろうという甘えは排したく想います。

ページの一番上に戻る